MENU

不動産査定の方法について!少しでも高く所有の持ち家やマンションを売却するには!

 

少しでも高く所有の持ち家やマンションを売却するにはまずは一括査定してみましょう!

イエウール

 

不動産査定の方法について!少しでも高く所有の持ち家やマンションを売却するには!

自分の所有している土地や建物などの不動産を査定してもらう場合は、1つの業者に依頼するより、複数の業者に依頼した方がいいと言われています。1つの業者だけの査定では比較の対象がありませんから、高いのか安いのか、物件や相場に照らし合わせたとき適正な価格なのかどうかという判断が難しくなりますが、複数の業者に査定をすれば、多少なりとも業者間に価格の差が出ますから、相場に近い価格なのか適正な価格なのかの判断がしやすくなるからです。

 

不動産を売却したいと考える人は、当然のことながら出来るだけ高く売りたいと考えると思いますが、その場合、査定してもらう時間も含めて、なるべく時間に余裕を持つようにすることが大切です。焦って高く売ろうとして査定を依頼すると、見抜かれて足元を見られる場合があるからです。業者側も人間ですし、利潤をあげることを最優先で商売をしているわけですから、中にはそのために手段を選ばない業者がいるかもしれないということは、常に念頭に置いておくべきです。

 

不動産査定に関しては様々な意見があり、複数の業者に査定を依頼しても、それほど差額は出ないだろうという専門家もいるそうですが、場合によっては数百万の差が出るという意見もありますから、個人の自由ではありますが、やはり複数の業者に査定を依頼した方が確実だと思います。その複数の業者への査定依頼ですが、直接個々の業者に連絡したりするよりは、ネット上の無料で一括査定依頼の出来るサイトを利用すると良いでしょう。

 

そこで、不動産査定や売却に定評のあるサイトを2つほどあげておきましょう。1つ目はマンション専門なのですが、マンションナビというサイトです。このマンションナビは年間約186万人が利用していると言われており、300社以上の専門業者が登録されています。査定の際には広さや居住中か賃貸中なのかなど様々な条件が考慮され、売却法の本のプレゼントもあって、マンションを売りたい人には、大変人気のあるサイトだとのことです。2つ目は不動産全般を扱うエスビーアイ不動産査定というサイトです。こちらには大手を含む200社以上の業者が登録されており、全国に対応していて、最初にやる簡易査定では1分ほどの入力で査定結果をもらうことが出来ます。

 

一括査定をしてもらうことの利点の1つは、最低・中間・最高のそれぞれの額がわかるということです。ですから最低でも3社の業者から見積もりをとってもらうと良いと言われています。また先ほども書いたように、高く売りたいということを意識しすぎて、査定してもらった価格でさっさと決めてしまうと、後で安く買い叩かれる可能性もありますから、十分注意してください。価格以外で業者の質を推し量るには、業者のくれるメールの文面で判断することも大切です。文面から誠実さが感じられるかということです。またコンプライアンスを遵守しているかどうかも重要です。最低限の良識やデリカシーがあるかということです。またあちらからはメールで来ても、こちらからはなるべく電話で連絡し、受け答えや電話口に聞こえてくる会社の雰囲気などを掴んでおくと良いと思います。

不動産査定とはどういったものなのでしょうか?他との違いを解説します!

不動産査定とはどういったものなのでしょうか?他との違いを解説します!

自分の土地や建物の値段を鑑定してもらう不動産査定と、車やリサイクルショップでの鑑定とはどう違うのでしょうか。それは、査定する側である業者が身銭を切るか切らないかということです。つまり直接買い取る場合でない限りは、不動産の業者は査定の段階では本当に査定するだけなのです。車やリサイクルショップですと、自社で買い取って商品化しなければ目的が達成出来ませんから、買い取らなければ商売として成り立ちません。売主の満足する値段で買い取り、自分たちに利益になる値段で売れなければ意味がないのですが、常に売るときの値段を優先に考えて買い取るため、買取金額には限界があります。しかし、基本的に身銭を切る必要がない不動産業者に関してはそういうことがない、それが不動産査定の大きな特徴です。

 

繰り返しになりますが、不動産売却には仲介と直接買取の2通りがありますから、査定を行う不動産業者が必ずしも物件を購入するとは限りません。仲介のための査定を行う際には、過去の事例や市場の動向、地域の特性などを踏まえて適正価格をはじき出し、売主に様々なアドバイスをする、それが不動産査定なのです。但し売却依頼が買取の場合でも、仕入を増やし、品揃えを充実させることで売上アップを狙っているには違いありません。

 

不動産査定は売主の「希望する」金額ではなく、「本当に売れる金額」を出すのが売主と業者のどちらから見ても理想的な査定です。希望する金額が、必ずしも適正とは限らないからです。高い値をつける業者は、売却の段階で自分の立場を有利にしたいだけという可能性があります。現実的に考えて確実に売れそうな値段をはじき出すことが、業者の行うべき本当の査定であり、売主側が期待出来る、後々満足出来るであろう査定ということになります。

 

査定はまず査定してもらう業者を決める簡易査定と、業者が決まってから正式に不動産の価格を鑑定してもらう査定との2通りがありますが、どちらにしても不動産を売却する段階に入ってからが本番です。ですから、媒介契約締結の場ではなく、あくまで現在の相場や市況で売れる価格を知るための方便と考えた方がいいと思います。複数の業者に査定を依頼しますと、値段の高低はあっても、もちろん例外的なケースもあるでしょうが、査定金額にそれほど差はないはずです。極端に高かったり安かったりするのは、いずれにしても相場からはかけ離れていると思われ、何か思惑でもない限りは、ある程度は相応な値段をつけるのが妥当だからです。

 

中には、是非当社に査定をお願いしますと言わんばかりにアピールしてくる業者がいるかもしれませんが、その業者の心中は必ず査定金額に表われているはずですから、あくまでもその実際の査定金額で判断するようにしましょう。正式な査定を依頼したい業者が決まって査定を依頼しましたら、必ず80パーセント以上の確率で確実に売れる額は幾らかと聞くようにしてください。適正な査定額が出るまで粘ることが大切です。


morrodesaopauloinfo.com the-outsiders.net healthinsurancelowdown.com lolilike.com jsctbxg.com suitwater.com uk-payroll-software.com wbcrt.org sbk1968.com priitpajos.com szlawhome.com terryikeclanton.com realht.info guadeloupe-bungalow.com urology-net.com