持ち家で生活保護を受けれるのか?

MENU

持ち家で生活保護を受けれるのか?

 

持ち家で生活保護を受けれるのか?持ち家があるのに生活保護受給が出来るのかどうかを悩んでいる方も多いかもしれません。

 

ここでは持ち家があっても生活保護を受けることが出来るのかどうか等、持ち家と生活保護との関連性についてお話していきたいと思います。まず持ち家があっても生活程を受けるための条件についてですが、生活保護には原則として資産活用の法則があり、手元に現金がなくとも何らかの資産があってお金に換えられるのであれば、その資産を活用してお金にし、それで生活を維持するように言われることになっています。その場合持ち家が確実にお金になることが証明されれば、生活資金にすることは可能ですので売却する必要があります。

 

しかし一方で持ち家は居住用財産でもあり、ただ売却しただけでは住む所を失ってしまうだけですので、そうした居住用の家屋については条件によっては持ち家を保有していても、生活保護を申請出来る場合もありますので、念の為最寄りの役場の窓口で確認してみてください。持ち家があると生活保護は絶対に受けられないと誤解している人もいるのですが、持ち家が余程の豪邸でない限り一定限度の範囲内での持ち家ならば、住み続けていても生活保護を受けることも可能なのです。但し申請出来る条件は自治体や役場によって違いますので、よく確認をしておくことが大切です。事前に確認することなく、生活保護は受けられないと思い込んで家を売却したりしないようにしましょう。慌てても損をしてしまうだけです。

 

また住宅ローンによって取得した住宅であり、ローン完済前の家を保有している人が生活保護を受けるとなりますと、本来生活資金にあてるべき生活保護人の中から、ローンの返済を行う形になってしまいますので、原則としてローンの支払が残っている段階では、生活保護の適用はされないことになっています。適用されるのは持ち家を既に不動産会社に売却しているか売買契約をしているか、或いは自己破産の申請をしている場合が対象になるということです。但し一般の不動産と同様の基準によって判断して保有が認められるものであり、ローンの支払の繰り延べが行われているか、ローン返済期間が短期間且つローンの支払も少額であるならば、ローン付住宅の保有が認められ、生活保護の適用が認められる場合もあります。

 

また居住者が高齢者で重病により長期入院をしていて家に戻れず、居宅生活が出来ない等という場合には、居住用の財産とは認められずに売却指導を受ける可能性があり、持ち家は生活保護費の返還対象となります。また一定の固定資産税評価額以上の持ち家である場合には、その不動産を担保にした貸付を受ける、要保護世帯向け不動産担保型生活資金の貸付利用については対象外となりますので、十分な注意が必要です。

 

持ち家で生活保護を受けれるのか?関連ページ

持ち家ってリスクがあるの?
持ち家ってリスクがあるの?持ち家と賃貸についてのカテゴリ。持ち家のリスクやメリット、賃貸との比較や売却時の注意点や高く売却するための秘訣を教えます!
持ち家か賃貸か?そこが思案どころ!?
持ち家か賃貸か?そこが思案どころですね・・・。持ち家のリスクやメリット、賃貸との比較や売却時の注意点や高く売却するための秘訣を教えます!