MENU

持ち家の維持費ってどれくらいかかるのか?

 

持ち家の維持費ってどれくらいかかるのか?ここでは不動産を購入した後に、所謂持ち家の維持費にはどんなものがあるかについてお話していきたいと思います。

 

1つ目は固定資産税と都市計画税についてです。まず固定資産税についてですが、これは土地や建物の評価額に1.4%をかけた金額で算出されるものです。また都市計画税は同じ評価額に上限0.3%をかけた金額になります。固定資産税は3年毎に評価され直されるため、一定期間毎に変化していく税金となっています。従って築年数が経っていけばいくだけ評価は下がっていきますが、逆に何らかの原因で土地の評価額が上がればアップしていくと思われます。但し現時点ではバブル景気の頃のように、毎年土地の値段が上がり続けることは、まず考えられないというのが現実であると言われています。

 

2つ目は管理費及び修繕積立費です。これはマンションを購入した場合にのみかかる維持費となります。まずマンションの中で住人全員で利用する共用部分の維持にかかる維持費が管理費と修繕積立費ですので、共有設備が豪華である場合、管理費及びそれを修理する際の積立金が高額になる場合もあります。

 

3つ目は地震保険や火災保険等、持ち家が地震や火災等で被害を受けた際に保証される費用です。但し2015年以降、火災保険は最大で10年しか組めなくなったため、定期的な出費が出てくると思われます。地震保険も定期的な見直しがあります。これらの保険への加入は任意ではあるのですが、加入しておいた方が安心ではあると思います。また火災保険では、水害や土砂崩れ等による被害も保証されます。

 

4つ目は専有部分の修繕費です。日本の家の寿命は約30年とされていますが、10年位経てば修理を要する場所が出てくる可能性もありますので、事前に積み立てておく必要があります。マンションの場合、先程もお話したように共有部分の修繕費は毎月積み立てていますが、専有部分については自分たちだけで貯金をしていかなくてはなりません。一戸建てですと、当然外装も内装も全て自分たちだけで計画して修繕していく必要があり、場合によっては100万円単位の出費になる場合もありますので、計画的に積み立てていく必要があります。

 

いろいろと維持費がかかる持ち家ですが、やはり自分の家を購入するというのは夢でもあるので、なんとしても家を購入したいという方は多いと思います。お金はかかりますがやはり持ち家というのは何物にも代えられないものだということですね。

 

持ち家の維持費ってどれくらいかかるのか?関連ページ

持ち家ってリスクがあるの?
持ち家ってリスクがあるの?持ち家と賃貸についてのカテゴリ。持ち家のリスクやメリット、賃貸との比較や売却時の注意点や高く売却するための秘訣を教えます!
持ち家か賃貸か?そこが思案どころ!?
持ち家か賃貸か?そこが思案どころですね・・・。持ち家のリスクやメリット、賃貸との比較や売却時の注意点や高く売却するための秘訣を教えます!
持ち家で生活保護を受けれるのか?
持ち家で生活保護を受けれるのか?持ち家と賃貸についてのカテゴリ。持ち家のリスクやメリット、賃貸との比較や売却時の注意点や高く売却するための秘訣を教えます!